正看護師と準看護師の一番大きな違いは資格です。 正看護師は国家試験に合格しなければ、正看護師の資格はもらえません。 つまり、免許ということになります。 一方、準看護師は国家試験ではなく、各都道府県知事が交付する資格です。 正看護師と準看護師は、仕事の内容にはそれほど大きな違いはありません。 でも、準看護師は、医師、または、看護師の指示によって仕事をすることと定められていますので、実際の現場での立場はどうしても正看護師が上ということになります。 また、準看護師は正看護師に対して指示することはできませんから、看護師長などの役職に就いたり、指導的立場に立つことはありません。 年収に関しては、各病院の規定がありますが、一般的には差があることが多いようです。 特に、総合病院や大学病院などでは、かなりの差があるでしょう。 準看護師は手術室に入ることなどもできませんので、より専門的な部署への配属を希望する場合は不利になることも考えられます。 準看護師と正看護師では、勉強に必要な時間や試験の難しさなども違いますが、これから看護師を目指すのであれば、正看護師という考え方が一般的になってきているみたいですね。